banner
比較のドレッシング方法のダイヤモンド砥石
Jul 17, 2020

ダイヤモンド砥石 は非常に良い研削性能に多く採用されている研削加工工業用セラミックス、硬合金、光学ガラス、ダイヤモンド工具、貴石、等


がダイヤモンド砥石硬度が非常に高いため、難しい仕上げでは、大きく発生の過程で仕上げ渋滞の問題を真剣に影響を与え研削効率、表面品質と修復の制限の適用ダイヤモンド砥石、この論文は、ダイヤモンド砥石の仕上げ方法の比較研究を解析し、種々の修飾方法の形成原理、特性および応用ます。


1研削着方法


1.1原理の研削着方法

に仕上げる際には、通常の研磨砥石、ダイヤモンドホイール研磨は、ダイヤモンド砥石の回転、回転は、通常の研磨砥石にも送り運動の表面にダイヤモンド砥石研磨粒子の作用下での摩擦、ゆっくりと回転体の回転を同時に出る押出成形の金属結合、き裂のバインダー、連続行動の摩擦を起こ債き裂の拡大により、バインダー そのパスの表面にダイヤモンド粒子からの砥石の落下を急ダイヤモンド粒子を明らかな目的を達成するための仕上がりとなります。


1.2特性の研削着方法

の主なメリットの研削着方法は簡単な構造ですので、便利な操作で、短着時に、安定した加工速度の低い研削加工コストが、ドレッシングプロセスの影響力低着効率の悪いお召し精度により砥粒が脱落の形質は容易ではない。

使用着ダイヤモンド砥石とセラミック、樹脂バインダー.


2ソフトの弾性着方法


2.1原理ソフトの弾性着方法

のソフトの弾性着衣の方法では、研磨ベルトの研磨ベルトホイール時のドレッシングでいただきます。 ドレッシング、ダイヤモンドホイールは高速回転させ、コイルホイールを回転させゆっくり、研磨ベルトを移動し、研磨ホイールを行った。 力との間に研磨ベルト砥石の使用を効果的に除去、バインダーと砥粒の表面にダイヤモンドホイールは、目的を達成するためのドレッシングでいただきます。





2.2利点のソフトの弾性着方法

他の補修方法、軟弾性トリムの方法がより適したドレッシングメタルボンダイヤモンド砥石、金属結ダイヤモンド砥石と金属塑性加工、高硬度、仕上げに難しく、主にディスプレイ:ドレッシングツール面加工穀物を迅速に摩耗、第二には市内中心部に位置するのに仕上げるスペースやジャムでお召しいただきます。

しかし、そのドレッシングツール-ソフトの弾性着衣の方法、研磨ベルトは常に連絡をする、ドレッシング研削砥石の新鋭い研磨粒子を形成できる良い衣環境の効果的に除去、バインダーと砥粒の表面にダイヤモンド砥石です。 また、研削力は小さく、研削加工面の表面品質が高い時のドレッシングでいただきます。


電気スパーク着方法


3.1の原則放電加工着

の方法に着ダイヤモンド研削砥石、研削砥石を高速、正のダイヤモンド砥石の接続電動工具のカソード電極のダイヤモンド研削砥石、研削液注入とツールの電極、電圧と電極のツールの研削砥石、火花放電の研削砥石の金属結合剤およびトリムの生成と電極の瞬間放電の高温ガス化、金属バインダー 金属の研削砥石表面に効率よく除去でき、ダイヤモンド研磨剤が完全に晒されて砥石のドレッシングでいただきます。


3.2特性の放電加工着

を実現できるオンライントリムで、簡単かつ正確性に、研削砥石の研削後のド砥石研削力が小さく、高精度プラスチック、プラスチックとシャープで完了することが可能であると同時に、プラスチックが遅くなり、火花放電着ダイヤモンド砥石のための排出温度との研磨性能の変化を効果的に制御する温度、研削砥石の表面の放電着ダイヤモンド砥石です。


4レーザード方法


4.1原理のレーザード方法

レーザートリミング法の活用のレーザービームの集光光学システムの小型光スポット砥石の表面を除き、少数のレーザーにとっても、最近のレーザーを吸収する金属バインダー温度の高騰によるレーザービーム照射領域、金属バインダーをガス化-除去、バインダーでの材料除去が通常より光吸収、熱、ガス化プロセス。

レーザーの修理砥石、合理的な制御のレーザーパワー密度を除去でき、研削砥石やダイヤモンド研磨剤、バインダーの表面の素材という目的を達成するため、研削砥石のプラスチック、調整によりレーザー加工のパラメータで選択的に除去バインダーを材料表面の研削砥石、ダイヤモンド研磨剤としての突起の高さ、達成を目標に研削ホイール補修のものとします。


4.2点レーザード方法

レーザートリミングメンバーをお召し仕上げ時の機械的力は、廃棄物の着工具、レーザー行動時間が短く、作業面積が小さいため、ダイヤモンド研磨剤、バインダーな被害を確保する研削性能の粒と仕上げ加工効率が高く、欠陥のある仕上げ工程は複雑で高コストです。


電解着方法


5.1原理電解着方法

電着法を用い、金属の接着ダイヤモンド砥石、電解ドレッシング、金属接合研削砥石の直流電源用電極のツールの電極と負極dc電源電解陰極と陽極と陰極出液を注入することにより電解研磨液体電解液には、ダイヤモンド砥石、電解質、電極の電源電流ループでは、トリミングしましょうとの間の隙間を埋め陽極と陰極、電解質電力からの電解質フロー仕上げ研削砥石 ダイヤモンド砥石の表面に金属の社債の金属部品の影響下での電解液中に溶解する電解質

複合水酸化物イオンの電解液は、小さな固形物の発生やかに流れる電解質を大幅に表面の接着強度のダイヤモンド砥石です。 その後、機械着手法を用いればよいのですが、この大幅な改善、ドレッシング。

そのため、電解ドレッシングには、化合物の着付方法と電気化学的行動として、機械的な動きとして、補助.


5.2特性の電解着方法

電解着方法を促進することができ、実現のオンライン電着金属結ダイヤモンド砥石、プラスチックとシャープで仕上げと同時に、コントロールの切断状態での表面にダイヤモンド砥石お召ダイヤモンド砥石による電気分解の活用のドレッシングを短時間、低研削熱を回避するためにダイヤモンド砥石の研削砥石の生命による着温度砥粒超硬合金、欠陥を電着法のプラスチックの精度は高くない、どうしても修理が大きくな処理を複雑にしています。


6結論


ドレッシングのダイヤモンド砥石の精密研削加工、超精密研削で高能率研削加工-成形研削加工硬脆性材料です。

ドレス法のダイヤモンド砥石には様々な自の特徴があります。 この論文のみを紹介するいくつかの着方法として広く研究と応用の現在にいい着ます。 実際のアプリケーションが必要でを総合的に検討などのワーク加工に最適なものを選定着のスキームを最高のお召します。



PRCTOOLS 経験豊富な仕入先のダイヤモンドとCBN研削工具、弊社の製品は認定MPA、品質保証!!!



伝言を残す
へようこそ Precise
顧客は最初で、優秀な科学研究チームおよび専門の販売チームは顧客に満足のいくサービスを提供する最も効率的な方法を使用します。

ホーム

製品

接触