banner
メンテナンス方法を用ダイヤモンド砥石
Jul 20, 2020

1. の場合 ダイヤモンド砥石 使用せず直ちにすべきである平たちの内なる。 その他の物品や足すべきでない積の平鋸刃にしています。


2. 時のダイヤモンド砥石ではなくシャープに切断面が必要ですrepolishedにタイムリーに行います。

研削加工変更することはできませんの角の動的バランスです。


3. 内径補正、穴位置決め加工ダイヤモンド砥石で行う必要がある。

の場合は加工が良くないので、影響する製品の使用効果、発生の危険-リーマー加工

上部の開口部を超えることはできません20mm、影響しないようにバランスのストレスとなる。

4. 選考の合金に砥石です。


1) 樹脂の接着ダイヤモンド砥石 は弱い結合強度から、その自己研削性能が良ければ、容易ではないブロックでは、高い研磨効率の低い研削力と低い研削温度です。 そのデメリット貧乏耐摩耗性に、大きな摩耗損失には適しているものの重量物研削加工。


2)耐摩耗性、接着性セラミックスの接着ダイヤモンド研削砥石より、樹脂の接着ホイール、鋭い切削加工、高い研磨効率が下がり、少ない加熱で、かつブロック、熱膨張及び能力


管理するのは容易で精度の欠陥の研削面が粗く、非常に高価です。


3) 金属接合ダイヤモンド砥石 高い接合強度、耐摩耗性、低摩耗、長寿命、低研削加工コストで大きな負荷が貧しい切れ味や閉塞.


4)研磨粒子サイズの影響を及ぼ遮断、切削量の砥石です。 に比べて細かい砂粒が粗砂の粒子がほとんどない場合の切削深さおよび刃先の摩耗が増加します。 逆に、砥石が詰.


5)研削砥石硬度のインセンティブを最大限に引き詰. 高硬度研削砥石の高い熱伝導率なる表面熱損失、資する加工精度を向上や耐久性があります。


6)研削砥石濃度の選択が重要な特徴は、大きな影響を与え研削加工能率、加工コストです。 の場合は濃度が低すぎると効率に影響を与える可能性もあろうが 逆に、砥粒が落ちやすく、最高のバインダー用


また濃度の範囲にも最適です。

Customizable diamond grinding wheel

伝言を残す
へようこそ Precise
顧客は最初で、優秀な科学研究チームおよび専門の販売チームは顧客に満足のいくサービスを提供する最も効率的な方法を使用します。

ホーム

製品

接触