シングルベベル樹脂砥石

ダイヤモンド樹脂研削砥石は優れた研磨効果があり、研削砥石は研削が鋭く、ブロックしにくいです。
  • 製品の詳細

シングルベベル樹脂砥石

具体的な特性は次のとおりです。

1.研削効率が高く、研削砥石の消費が比較的遅い。

2.本発明は、良好な自己研磨特性、研削中の小さな発熱、ブロックしにくいという利点を有し、研削中の作業および燃焼の現象を低減する。

3.研削砥石は一定の弾性を持ち、これは加工物の表面の粗さを改善するのに有益であり、主に微細研削、半微細研削、ナイフ研削、研磨などのプロセスで使用されます。

4.ダイヤモンド樹脂研削砥石は低温硬化であり、生産期間は短く、設備と供給プロセスは比較的単純であり、樹脂は流動性があり、複雑な表面を持つ研削砥石を形成するのは簡単です。


ダイヤモンド樹脂研削砥石の適用:

ダイヤモンド樹脂研削ホイールは、高硬度、高強度、強力な研削能力を備えています。主に、高硬度合金、非金属材料、硬くて脆い超硬合金、非金属鉱物などの研削に使用されます。超硬合金、セラミック、gate、光学ガラス、半導体材料、耐摩耗性鋳鉄、石など。


バインダー : レジンボンド

Single beveled resin grinding wheel

伝言を残す
顧客は最初で、優秀な科学研究チームおよび専門の販売チームは顧客に満足のいくサービスを提供する最も効率的な方法を使用します。
関連製品
主な製品には、セラミック結合、樹脂結合、金属結合、 さまざまな複合ボンドダイヤモンドおよびcbnツール。 精度
Rear Angle Grinding for woodworking saw

木工のこぎりのトップ研削

後部角度研削砥石は、砥石の切れ味を維持するボンド構造を形成し、表面仕上げ、効率的な研削、発熱の低減を実現します。
Front Angle Grinding

正面研削砥石

フロントアングル研削砥石は、砥石の切れ味を維持するボンド構造を形成し、優れた表面仕上げ、効率的な研削を行い、発熱を抑えます。
CBN  resin bond grinding wheel

サイドエッジシャープナー用砥石

サイドエッジシャープナー用のCBNレジンボンド砥石は、優れた研磨能力を持っています。 prc超硬研磨会社は、スキーや電気機械に仕上げホイールを提供できます。
6A2 CBN Grinding Wheel

トリオンエッジシャープナー用6a2 cbn砥石

トリオンエッジシャープナーは、スキーおよびスノーボードを研磨するための優れたツールです。このマシンは、6a2 cbn砥石車を使用して、バーの側面または表面を仕上げます。
Grinding Wheel for PCD

pcd用ビトリファイドボンドダイヤモンド砥石

pdc研削砥石は、高品質のマイクロダイヤモンドパウダーと、ホットプレス焼結によって作られた選択されたガラス化されたフォーミュラで作られています。
PDC Used for Mining Bit

油田に使用されるpdc

ダイヤモンドパウダーは硬度が高く、耐摩耗性に優れており、切削、研削、穴あけ、研磨などに幅広く使用できます。超硬合金、セラミック、宝石、光学ガラスなどの高硬度材料の研削および研磨に理想的な材料です。
伝言を残す
へようこそ Precise
顧客は最初で、優秀な科学研究チームおよび専門の販売チームは顧客に満足のいくサービスを提供する最も効率的な方法を使用します。

ホーム

製品

接触